2012年04月05日

Ruby Window Drop

Drag & Dropの話

今回はWindowにファイルをDropして、ファイルの情報(URI)を取得してみます。
Gtk::Dropの設定や"drag-data-received"あたりの話になります。

DnDを利用する場合は、Gtk::Dragを利用してWidgetにごとに設定を行います。
今回は受け取り側なので、Gtk::Drag.dest_setを利用
送り側の設定をする場合は、Gtk::Drag.source_set

設定をしたら、受け取りの場合"drag-data-received"シグナルが発生するため
そこで、受け取ったときの処理を書いてやります。

起動したウィンドウにファイルをDropすると、受け取れるパラメーターとファイルのURIを表示してみるサンプルを作成してみました。
↓いめーじ
Ruby DnD Image

src


Ruby Gtk まとめ
【Rubyとかの最新記事】
posted by いち at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Rubyとか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54823992

この記事へのトラックバック