2010年01月24日

CDリッピング

Ubuntu9.10ではgripがないようなので、どうやってCDの取り込みをしようかと悩んでいましたが、GUIはあきらめてコマンドで実行することに。

で、調べてみるとabcdeといったツールがあるようなので試してみました。
設定ファイルを作っておくと、コマンド一発たたくだけなので結構楽ちん。
ただし、そのままだと文字化けをしてしまうのでabcdeの修正が必要です。
確認した範囲では3カ所ほど。

1.インストール
デフォルトで入っていなかったのでインストール
タグをつけるためにid3v2とのことでそれも一緒にインストール
$ sudo apt-get install abcde
$ sudo apt-get install id3v2


2.設定ファイルの作成
/etc/abcde.confにあるものを直接いじってもいいのですが、ユーザごとに設定できそうなので設定ファイルはホームディレクトリにおくことにしました。
$ cp -p /etc/abcde.conf ~/.abcde.conf

3.編集(好きなエディタでコピーしたファイルを開いて編集)
# 設定をいじった部分を抜き出し(デフォルトと同じものもありますが。。。)


4.abcdeスクリプトの修正
abcde自体はshellスクリプトです。
CDDBに問い合わせにいくスクリプト(cddb-tool)を呼び出す部分を修正
取得した値がEUC-JPとなり、そのままだと文字化けをしてしまう様子。
お好みのテキストエディタで/usr/bin/abcdeを開いて3カ所を編集(編集前にはバックアップを。)
$ sudo cp -p /usr/bin/abcde /usr/bin/abcde.org
$ sudo vi /usr/bin/abcde

編集部分は最後の方に。

5.実行
ここまで準備したらあとはコマンドをたたくだけ。
$ abcde

設定ファイルに書いた出力先にファイルが作られていきます。


【編集部内容】
CDDBTOOLで"query"と"read"を実行している部分は最低限修正が必要。
それぞれ取得した内容を"iconv"を利用してUTF-8に変換してみました。
「CDDBTOOL query」、「CDDBTOOL read」でファイルを検索すると該当箇所が出てきます。
赤色の部分を追加

$CDDBTOOL query $CDDBURL $CDDBPROTO $CDDBUSER $CDDBHOST $TRACKINFO | iconv -f eucjp -t utf-8 > "$ABCDETEMPDIR/cddbquery"

$CDDBTOOL read $CDDBURL $CDDBPROTO $CDDBUSER $CDDBHOST $(cut -f2,3 -d' ' "$ABCDETEMPDIR/cddbquery")| iconv -f eucjp -t utf-8 > "$ABCDETEMPDIR/cddbread.1"

$CDDBTOOL read $CDDBURL $CDDBPROTO $CDDBUSER $CDDBHOST $(echo $DISCINFO | cut -f1,2 -d' ') | iconv -f eucjp -t utf-8 > "$ABCDETEMPDIR/cddbread.$X"



posted by いち at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux/Unix系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34910570

この記事へのトラックバック